心電図用語の解説

Afib?AF?どちらも心房細動?心電図用語の使い方

同僚
同僚
先生がエーフィブと言っていたけど良くわからなかった
まる
まる
エーフィブは中々使わないですもんね(当院調べ)

医師によってはエーフィブだったり、エーエフだったりと呼び名が違うことありませんか?

私が今まで出会った医師のなかでエーフィブ派の方は一人しか出会ったことがありません。それでもどんな言葉でも理解し解釈するのも看護師の仕事(通称何でも屋)

そんなわけで心電図用語の言葉の使い方を紹介する記事です。

 

Afib?AF?どちらも心房細動?心電図用語の使い方

 

エーフィブもエーエフも心房細動の略語の呼び名です。略語関連は以前にも書きましたが、使い分けの意味を求められることもしばしばあります。

心房細動と心房粗動の略語。afとAF / AFとAFL 【小文字・大文字の混在、使い分け編】心電図用語について考える

エーフィブもエーエフもどちらも同じ意味ですが、せっかくなので少し言葉の整理をしていきます。

 

心房細動の略語から考える

 

心房細動は英語で読むと「atrial fibrillation」と書きます。この「atrial」の頭文字Aと「fibrillation」の頭文字FでAFと略します。

AFを略語として読むうえではエーエフで間違いないです。

参考URL:循環器学用語集

 

エーフィブ(Afib)とは?

 

心房細動についてのエーフィブとエーエフを略語として書きます。

心房細動の略語

エーフィブ=Afib

エーエフ=AF

もうこれ以前にも勘づいた方はいると思いますが、言葉の切り取り方の違いです。

エーフィブの略し方としてはatrial fibrillation」と書きまして、この「atrial」の頭文字Aと「fibrillation」の頭文字からfibをとって、Afibと略します。

なのでAFであろうともAfibであろうとも心房細動の略語には違いありません。

 

Afibは現在も使用されているのか?と考えてみる

 

冒頭にも書きましたが、実際の臨床ではエーフィブとエーエフの呼び名が混在している場合もあります。

まる
まる
もしそのような場合でも心房細動の話をしているんだな、と解釈すれば大丈夫です

念のためにGoogleで【Afib】を検索してみました。

すると英和辞典が検索上位に現れます。英和辞典でも心房細動と略されているので、略語としての一定の認知度はあるかもしれません。

ちなみにAfib、AFIB、A-fibと3種類のバリエーションは確認出来ました。どれも心房細動です。

 

エーフィブだとしてもエーエフだとしても大事なのは病院ルール

 

心電図用語関連の記事で毎回書かせて頂いていますが、あくまで大事なのは勤める病院ルールです。

勤める病院の心房細動の呼び名がエーフィブならエーフィブ。エーエフならエーエフ。それぞれ病院のルールがあるので、そこに合わせていきましょう。

まる
まる
個人的に持っている医学書で確認してみると心房細動に関してはAFで書かれていることが多いので、Afibも同じ意味なんだな、と思うくらいで良い気がします

 

心房細動の略語一つでも奥深い

 

最近の心房細動の略語の主流はAFです。理由としては日本循環器学会の循環器用語集に書かれている為です。

参考URL:循環器学用語集

それでもafやAfibと使われることもあるので、働くうえではどの略語としても対応出来るように覚えておいて損はないかもしれません。

この記事が心電図用語の理解の助けに少しでもなれば幸いです。以上。まる(@maru02ns)でした。

心房細動と心房粗動の略語。afとAF / AFとAFL 【小文字・大文字の混在、使い分け編】心電図用語について考える心房細動と心房粗動の略語の使い方についての記事です。大文字と小文字の使い分けです。主に看護師向けです...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です