ぴのまるさん

循環器看護師の仕事と転職。知識の備忘録

病院看護師が流涎の対応としてキッチンペーパーを使用することについて考えること

f:id:maru02:20190314161138p:plain

私は嫌だな。その為(流涎)にキッチンペーパーを使用しているとか

不思議だけど、それが普通の病棟に勤務しているんだよ

 

医療従事者でない人の感覚を大事にしている看護師まるです。この御話は病棟勤務にて患者様の流涎の対処にキッチンペーパーを家族に購入してもらっている話です。

 

当院では当たり前のように使用されているキッチンペーパーなんですが、普通に考えれば用途が違うように思えます。

 

キッチンペーパー - Wikipedia

 

そんなことを改めて考えてみた記事です。堅苦しい御話ではないので、軽い気持ちで読んで頂ければ幸いです。

 

流涎の対応にキッチンペーパー?そもそも流涎とは何のこと?

 

いきなり流涎のことを書いていますが、よだれのことです。

 

よだれは医療用語で流涎と呼びます。読み方は、りゅうぜん、りゅうえんと呼ばれます。私の病棟では、りゅうえん、と読んでいます。

 

調べてみると正式名は、りゅうぜん、だそうです。

今回調べてみて誤った使用方法に気付くわけです。読み方を間違えていたなんて。笑

 

流涎 - Wikipedia

 

流涎の説明は以上としまして、では本題です。

 

看護師が流涎の対応にキッチンペーパーを使用することについて考えること

 

*あくまで私の病棟での出来事を元にしています。すべての療養病棟が当てはまるわけではありません。ご了承ください

 

そもそも流涎で困ることは肺炎に繋がる可能性があること

 

私は療養病棟に勤めています。意識障害の方が大半です。自力排痰が行えず、こちらが口や鼻から吸引して痰を除去します。

 

中には人工呼吸器を使用している患者様もいます、気管切開しております。気管切開のイメージ図は検索して頂ければ様々に出ますので割愛します。

 

そんな多くの患者様ですが、本当に流涎(よだれ)が多いです

 

流涎が多いことで一番困ることは誤嚥やむせの原因になり、知らぬ知らぬうちに誤嚥している。誤嚥性肺炎になることが非常に困ります。

 

療養病棟での発熱の原因として大抵は肺炎or尿路感染ですが、どちらかと言えば肺炎のウェイトは大きいです(当院調べ)

たかが涎と思うなかれ、看護するうえでは大事なところです

 

流涎の対策にキッチンペーパーを使用する理由

 

そんな流涎の対策として何故キッチンペーパーと言いますと、よだれ受けとして使用するのです。

 

www.kaigo110.co.jp

 

上記の記事にても、流涎対策にてティシュペーパーやガーゼを枕元に使用すると書いております。

 

一般的には病棟で入院しているならガーゼでしょうか。私も今までの病院ではガーゼを使用していました。汚れたら取り換えるの繰り返し。

 

しかし今の病棟ではガーゼはほとんど使用しません。あくまで患者様の家族にキッチンペーパーを購入して頂き、枕元に流涎対策として使用しています。

 

実際の使用頻度は多いです。そんなわけで患者様のベッド周囲にキッチンペーパーの在庫があります。患者様によってはすぐになくなります。

 

キッチンペーパーの使用方法。大半の家族はOKですが、NOの方も勿論います

 

私の勤める病棟では昔からの習わしなのか、大半の家族はキッチンペーパーを購入して持参してくれます。

 

私も慣れたものです、患者様の流涎が流れ込むであろうところにキッチンペーパーを敷きます。気管切開している方であれば、その周囲に配置します。

これで流涎対策はバッチリです・・・けども

 

そもそも考えてキッチンペーパーって料理に使うものだと思いませんか。キッチンのペーパーです。

 

私の家族もキッチンペーパーを使用するなんて・・・と言っておりました。私もそう思います。用途は自由だと思いますが、何だか違和感は感じます。

 

そんな違和感を感じる家族はキッチンペーパーを使用することを拒みます。そうした家族への流涎対策は病院のガーゼです。

それなら病院のガーゼを全患者様の統一して使った方が良いのではないか

 

と思ったのですが、そこは郷に入れば郷に従えです。何も言えない私です。

 

きっとですが、現在勤める病院は個人病院故にコスト削減には厳しいです。コスト削減の一環として病院のガーゼを使用するのは・・・と言うのが私の出した結論です。

 

私が患者様家族と同じ立場だったらキッチンペーパーを使用してほしくないと言うと思います。

 

病院で考えることと病院から離れて考えることでは違うのか

 

このことを考えるにあたり、もし在宅の現場ではどうなのだろうかと思いました。

 

私が病院勤務でない場合で介護を必要とする家族がいるなら、病院のガーゼに代替えするものとしたらキッチンペーパーだったりするのかな、と考えました。

 

それならあながちキッチンペーパーを使用することに違和感は感じないのでしょうか

 

私も病棟勤務経験しかないので、あまり深い御話が出来ないのが残念な点です。この辺は想像の話なので、あしからず。

 

あなたはどう思いますか?と意見を投げて終わります

 

私は違和感を感じつつも、現在勤める病棟では普通のことなのでこれからも流涎対策としてキッチンペーパーを使用していきます。

先に申し上げた通りですけど、本来はキッチンのペーパーなんですよね。何だかなぁ

 

病院の現場ではこの他にも様々な違和感を感じる箇所は多くあります。その違和感が普通だと思えばそれでおしまいなんですけど、この感覚的な違和感を大事に看護師として勤めていきたいと思います。

 

ではでは本日もキッチンペーパーを使用して流涎対策していきます。郷に入れば郷に従うのみです。

 

看護師の日常とぼやきの記事です。良ければ参照お願いします