看護師の転職活動記

病院辞めたい。転職経験が多い看護師の面接対策(例文あり)。転職に向けた看護師の日々⑥

f:id:maru02:20190309152053p:plain

看護師転職サイトの比較。実際に複数登録してみました。転職に向けた看護師の日々⑤ – ぴのまるさん

上記は前回記事です。現在も転職活動中です。

 

今月は就職試験が2つあります。両方とも若干名の採用です。ほとんど採用されない試験です。

それでも受験しないことには合格しません。少ない勝機を目指して戦います。今回は自らの転職に向けた面接の為の記事です。

転職を考えている人が読むのであれば、こんな質問はされるかな?と雰囲気を味わってもらえると思います。

転職なんぞの必要がまったくない方には、当ブログ管理人まるのことが読み進めていくとわかるかと思います。誰も得しないと思いますが。笑

まる
まる
ちなみに私は1ヶ月で病院を辞めた経歴と田舎住みなので、どうしても就職に向けたハードルが高いです

 

病院辞めたい。転職経験が多い看護師の面接対策

 

まずは下記のサイトを参照してみました。

質問にも対応できる!看護師さんのための面接マニュアル

この時代で良かったと思えることは大体のことは調べれば出てくると言うことです。きっと私が説明するよりか数倍わかりやすいです。

 

自分自身のことは良くわかっているつもりです。私は昔から面接が苦手なのです。笑

あがり症です。面接で緊張して普段より声が小さくなるタイプです、もごもごして聞き取りにくくなるような人です。

まる
まる
実際看護師として働いているときは、作り笑顔全開で適度に張りのある声で誤魔化しています。笑 

 

そんなわけで自分から喋ることのないブログやTwitterは自分にとって向いていますね。笑

そんな私ですが、今回は勝負の面接と考えています。面接が苦手なんぞ言ってられない。どうしても合格がしたいです。

そんなわけで仮想面接対策していきます。私の備忘録も込みです。転職を考えている看護師さんがいましたら、私の場合ですが参考にして頂ければ幸いです。

まる
まる
もし転職に興味がない方は、このブログ管理人のまると言う人間はこんな人なんだな、と思いながら読んで頂ければと思います。笑

 

看護師が転職失敗。過去2回の失敗を活かした面接対策を考える

 

直近2回は不合格に終わりました。下記のリンクです。自分の経歴にも理由がありそうですが、もう一度志望動機を見直してみようと思いました。

出戻り看護師。出戻り再就職を目指した私は不合格でした。転職に向けた看護師の日々① – ぴのまるさん

看護師転職サイトを利用せずに直接応募。結果は不合格。転職に向けた看護師の日々④ – ぴのまるさん

上記2回の失敗を振り返ると、循環器分野に関わりたいと言う暑苦しいくらいの熱意が強すぎるように思えました。笑

 

今でも循環器分野は好きなんですよね。病棟しか経験していませんが、ICUだったり心臓カテーテルの介助等やってみたいことは幾つもあります。ちなみに不合格だった病院は総合病院です。

循環器分野に熱意があるのなら、循環器専門病院に行けと言うことになりますが、片道で自動車通勤2時間 or JR通勤1時間30分の範囲にしかありません。

まる
まる
私は都会に住んでおりません。この距離での通勤希望を出すと、まず断られます。笑

そうです。私は田舎に住んでいるのです。

そんなわけで循環器分野に入りたいと言う暑苦しい熱意を封じ込めた、志望動機を考えてみました。

 

現在の私が考えた志望動機(総合病院・出戻り編)

私は看護師歴7年、主な経験領域は循環器分野です。心臓血管外科の看護と心電図判読が得意です。転職を経て、急性期から終末期まで経験しています。

貴院志望理由は、現在の療養病棟を経験し、様々な疾患に対する知識が看護することに必要だと改めて実感した為です。一つの科だけでなく様々な領域を学べる環境として、総合病院に就職出来る機会は年齢的にも最後だと考え応募させて頂きました。

そして一度は退職しましたが、貴院で働いていたときに実感した同僚看護師の患者様に対する看護の情熱はとても刺激になりました。出戻りと言う形ですが、もう一度その環境に戻りたいのも理由の一つです。

まる
まる
転職のプロではないので、これが私の考えた今の限界です。笑

総合病院である理由を加えてみましたが、いまいち志望動機としては弱い気もします。現状はこれで臨んでみようと思います。

次は転職経験が多い看護師の本番面接を考えます。

仮想面接対策(病院就職試験で良くある質問と対策例を具体的に考える)

 

*全て私の場合を想定しています。転職時の参考にして頂ければ幸いです。

 

①何故当院を志望したのか?

 

上記参照。総合病院に入りたいアピールをすることを目標に考えました。

 

②あなたの地元にも総合病院はありますが、どうしてここを選んだのか

近隣地域にない心臓血管外科があるからです。今は様々な疾患を学びたい気持ちが強いですが、私の看護師の原点である心臓血管外科の看護にいつかまた携われることが出来ればとの思いがあります

③何故、前の病院を退職されたのですか?

体調を崩してしまったのが原因です。社会人として働き始めて初めてのことだったので、当時は上司や家族とも相談しましたが自分でもどうして良いかわからず辞めることしか考えられませんでした。辞めた後に家族と今後について話し合い、またメンタルクリニックにも通院し、今後体調を崩さない為にはどうしたら良いかを学びました。

現在も看護師として働いており、体調を崩した後に就職した病院にもうすぐで一年になります。体調を崩した経験や、そこから立ち直った経験も含めて貴院で働いたときに活かせると考えております。

④看護師を目指した理由

当時営業の仕事をしていたとき、同居の祖母の介護が必要になりました。そのとき私は何も出来ず、両親に頼りきりでした。その経験から今後もし私の両親に介護が必要なとき、自分に何か手助けは出来ないかと考えたときに看護師の仕事を考えました。

その後押しをしてくれたのは、親が介護、姉が看護師だった影響もありました。今は看護師として働くことが出来て、あのとき看護師を目指して良かったです。

⑤看護師として大切にしていること(看護観)

患者様に信頼してもらうことを大切に考えて仕事をしています。看護師の仕事は優先順位を考えて行動する、時間との勝負が常にあります。故に一人にゆっくりと時間をかけることが難しいときもあります。

ただそれはあくまで看護師目線での考えであり、患者様にとっては一人の受け持ち看護師です。患者様が気兼ねなく私たちに声掛けが出来るような配慮は必要ですし、一人の看護師として信頼してもらえるように、知識は勿論として様々な対応が行えるような努力はこれからもしていきたいです。

⑥転職回数が多いことについてどう考えているか

私は転職を繰り返し、様々な病院を経験出来たことで急性期病棟から療養病棟まで幅広く学ぶことが出来ました。そして昨年度は転職を経て、体調を崩したこともあり、自分自身の今後の働き方を振り返るきっかけも得ることが出来ました。

私は同じ病院で長く勤めることで得られる知識もあると思いますが、様々な病院を経験して得られた知識も又、今後の看護に活かせるはずと考えています。

ただいつまでも転職を繰り返すことも、私自身養う家族がいるので、年齢的にもこれが最後の転職と考えて今回の試験に臨んでいます(私は転職回数4回目)

⑦自己PRをしてください

転職回数が多い分、今まで様々な病院で働くことが出来ました。どの職場においてでも看護師としての役割は一緒なので、この転職経験から病院独自のルールや看護の方法に合わせて仕事をすることが出来る柔軟性があると考えています。

また、転職によって様々な看護師さんに出会えた経験は、私を看護師として成長させてくれる糧になりました。自身での自己学習としての資格取得も行ってきましたが、転職によって得た経験もまた私にとっての大きな財産です。これまでの経験を他の若い看護師に伝えることが出来ると考えています。

⑧今までの経歴を教えてください

心臓血管外科病棟で4年、循環器内科病棟で2年働いており、循環器看護を主に経験してきました。自己学習の為に循環器に関わる資格も取得してきました。

現在は脳神経外科の療養病棟で1年働いています。プリセプターや病棟リーダーの経験もあります。

⑨配属希望の科はありますか

様々な疾患の看護を学びたいので、どの配属であってもやりがいを見つけて働きたいと思います。

また、私自身は心電図判読が得意です。どの病棟勤務であっても、心電図モニタリングの機会があればわかりやすく内容を伝えることが出来ます。その点ではどの病棟に配属されても自身の強みを発揮出来ると考えています。

⑩あなたが看護師として病院で働くことでの強みはありますか

循環器分野を主に経験し、心電図判読は得意です。昨年は学会資格ですが、心電図検定1級も取得しました。新人さんや心電図が苦手な人に対してわかりやすく説明出来る自信があります。

他には転職経験があるので、他の病院での看護の方法等と言った視点の違うアイディアを出すことで、より良い看護の実践に貢献出来ると考えています。

⑪気分転換はどのように行っていますか

休日を家族とゆっくり過ごすことです。勤務日と休日のオンとオフをしっかり切り替えなければ、精神的に疲れてしまい体調を崩してしまうことを経験した為です。

なので現在は課題や調べものがある際には、勤務日当日に出来るだけ解決するように働いています。

仮想面接対策(入退室編)

 

*参考までに載せています、自分の備忘録込です

 

①入室まで

 

面接場所へ案内をされる。ドアをノックする。3回ノックする。「どうぞ」と言われたら「失礼いたします」と言ってからドアを開ける。

*集団面接の場合

前の人に続いて入る場合はノックは不要。「失礼いたします」と言って開いたドアからそのまま続いて入る。

 

②入室後、椅子に座るまで

 

ドアを閉めたら面接官の方へ向く。30度の角度でお辞儀をする。お辞儀の前に「よろしくお願いいたします」と伝える。お辞儀の後、椅子の横まで歩いて向かい、姿勢を正して立つ。

「受験番号○番、まると申します。どうぞよろしくお願いいたします」と言い、その後、深くお辞儀(45度)をする。そのとき、言葉とお辞儀が同時にならないように注意する。

 

面接官より「どうぞ」と言われたら、「失礼いたします」と言い、浅めのお辞儀(15度)をして椅子に座る。バッグは椅子の横に置くか、椅子の脚に立てかける。

椅子に座るときは深く腰掛けない、背もたれにもたれない。背筋を伸ばし、顎を少し引く。

 

③面接終了後

 

椅子から立ち上がる。「本日はお忙しい中、お時間をいただきありがとうございました」とお礼を述べた後、45度の深いお辞儀をする。

 

④最後の挨拶

 

お辞儀の後ドアに向かって歩く。ドアの前で面接官の方へ向き直す。「失礼いたします」と言い、30〜45度の角度で丁寧にお辞儀をしてからドアを開けて退室する。

 

考えられる対策を行ってみる。とにかく合格したい

 

今回受験するのは出戻り再就職を狙う総合病院です。昨年9月に一度不合格になっています。前回以上に対策を練って受験します。

まる
まる
これで不合格なら、また来年度採用も目指します。田舎の看護師が憧れる病院です。笑

なにせ心臓血管外科と循環器内科の病棟があるのです。また働きたい気持ちに変わりはありません。叶わぬ夢かもしれませんが、頑張りたいと思います。

 

今回は病院受験と市役所受験との併願です。その辺は別記事で紹介します。

市役所受験の軸は予防医療を考えています。予防医療については循環器専門ナースの研修を受けてから興味を持ちました。

循環器専門ナース取得者が語るブログ記事。資格・研修・メリットについて – ぴのまるさん

看護師が勤務する場所は病院だけではない。それが実現出来る機会も年齢的に今しかない、と言う考えでの受験です。どちらにせよやるからには徹底的にやります。

 

まる
まる
勤めている病院からの脱出。それが今のモチベーションです

そんなわけで受験後に結果を記事にしたいと思います。転職に向けた看護師の日々は続きます。以上。まる(@maru02ns)でした。

出戻り再就職を目指す看護師。公立病院に出戻り再就職の結果は不合格。転職に向けた看護師の日々⑨ 公務員の社会人経験者採用試験に挑戦する看護師。結果は不合格。転職に向けた看護師の日々⑧ - ぴのまるさん 上記は前回記事で...
おすすめ看護師転職サイト

 

【看護のお仕事】


①全国各地に支店がある『全国対応』のサービスが行え、各地域ごとに専任のコンサルタントがいることで『地域密着型』のご提案が可能

②実際に医療機関に足を運び、電話だけでは得られない職場の状況を踏まえたご提案をしている

③看護師さんの生活に合わせた『24時間電話対応』、累計年間登録数業界最大級の11万人以上の実績

当ブログの転職関連記事を読んでいる方へ

希望病院への直接応募を検討しつつも、その病院情報が得られない・転職にかける時間がない場合等は看護師転職サイトに相談するのも手です。

まる
まる
あなたにとって良き転職が出来ることをお祈りします

転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です