ぴのまるさん

循環器看護師まるのブログ

4週6休で働く看護師。病院勤務はきついです(職場環境紹介)

 

病院関係は割と4週6休で働く人いるよね?

今回勤めていて初めて知りましたよ。つらいよー(個人的に)

えっ?だけど病院を選ぶときに確認したんでしょ?

・・・(選べる病院が4週6休しかなかった)

 

本日は4週6休で働く看護師の話です。私の話です。

 

選べる病院が4週6休しかなかったのは事実です。当時、転職失敗でどうにかしてでも働かねばならない状況だったので、働ければ良かったのです。

 

働けることが優先で、休日のことは深く考えていませんでした。そうです、4週6休と言う言葉をあまり考えていなかったのです。

 

今更ながら看護師で働く私を苦しめている言葉ですね。もう少し気にするべきでした、振り返れば悲しくなります。

 

少し長いので、飛ばし飛ばしで見て頂ければ幸いです。文章力が無いのです。笑

4週6休で勤務中の看護師です。そもそも4週6休とは?

そもそも4週6休とは?言葉の通りですが、4週働いて6回休みがあるのです。興味のある方は下記サイトを御参考お願いします。とてもわかりやすいです。

 

minnkane.com

 

詳細は別サイトに御任せしまして、私は実体験を語っていきます。

 

何が辛いと言うと、2週間に1回しか連休がないのです。

月・火・水・木・金・土(半日)。。。辛い6日勤だったな。さて休みは?日曜日のみ。さぁー、また働くぞー

月・火・水・木・金。。。5日勤終わった。土日休みだ。やったぁー2連休!!

 

・・・きっと騙されているのです。少ない連休のありがたみに。笑

 

他職種では4週6休で働いている方もいるかと思いますが、どうなんでしょうか?少なくとも病院勤めの看護師の個人的な意見としては、きついです。笑

 

そして私の病院勤務体制は隔週土曜半日の4週6休です

上で少しだけ見えた【土(半日)】の言葉。そうです隔週土曜半日・・・2週に1回は土曜半日出勤なのです。夜勤が入るとまた別ですが、私の就職当初の勤務割は以下の通りです。

 

6日勤(土曜日のみ半日勤務)・休・5日勤・休・休

 

の繰り返しです。

 

働き始めた最初の頃は4週6休はこんなもんなんだな、と受け入れ働いていました。

しかし・・・気付いてくるのです。過酷さに

土曜日半日を終えて、ゆっくりしようにも日曜休み一つのみ。そしてまた連勤・・・やっと迎えた2連休。身体はへとへとです。笑

 

へとへとで2連休の最初の日は疲れていつもより寝てますよね(*私の場合)

 

何度も言います。個人的な意見ですがきついです。笑

 

4週6休で働いてみて私(看護師)が経験していること

*注意点*

あくまでこれは私の経験であって、4週6休で身体をしっかり休めて働けている人もいます。

 

私の場合は上手くいかなかった、それだけです。

①休みが有効に使えない

私自身、家族もいるので休みは有効に使いたい。けれども根本的に休みが少ないので、中々ゆっくりと家族と過ごせない。

 

有休を組み合わせれば週休2日と変わらないと記事を読んだこともありますが、そもそも有休を毎月取得出来るような病院で働いていないのが痛いですね。笑

 

ここ最近の私ですが休みの日に給料をおろし、公共料金の引き落とし口座に入金。その足で日用品の不足を補充する・・・

なんてことをしていると、休日の半分はあっという間に終わってしまいますよね。

 

家族との時間は今年になって大分減りましたね、非常に申し訳ないですが。心残りです。

 

②勉強がまとまって出来ない

これは先に言います。言い訳のように聞こえるのは承知で、その意見もごもっともです。ただ、私は勉強が出来ませんでした。

 

日勤で教わったことをまとめる。気になることは調べる。この繰り返しで少しずつ患者様、疾患、病院のこと理解出来てくる。それは看護師勤め当初からの私のルーチンとして身についているものでした。

 

しかし日勤が連続で続くと、少しずつ疲労が溜まっていきます。帰宅すると疲労でぐったりして、まとめたり事前学習どころじゃなくってきます。しばらくすると、その日その日でどうにか生きていくようになりました。

 

それでも日が経てば御局看護師様より

これ前に教えたよね?わかっていないの?この前にメモを取っていたよね?それじゃメモの意味ないよね

はい・・・(何も言えない。やっていないから)

 

その他にも色々とあり、私は徐々に追い込まれていきました。

 

その辺はこちらのブログ記事で書いています。

もう辞めたい。と思いつつも仕事には向かう人の気持ち

私は適応障害?我慢の限界を超えて仕事途中で帰宅した看護師の気持ち

当時は本当に辛かったです。

 

③私の場合は適応障害になり、部署異動することに

これは4週6休と関係は少ないですが、一応私の場合と言うことで③にしました。

 

②での御局看護師様しかり、結局のところは周囲とコミュニケーションが上手くとれなくなりました。 

私は嫌われている?看護師の転職後1ヶ月を振り返る

そして適応障害をメンタルクリニックで診断されました。

 

振り返れば私自身、勉強が苦じゃない性格なのに勉強が出来なくなりました。それだけでもどこかしら無理していたのかもしれません。

 

当時のことは正直に言って思い出しくないくらいですが、ブログ記事として心の整理をしていましたね。

精神的に限界だったが病院は辞めずに部署異動を選択した看護師の話

 

あれ?今のところはデメリットのみですね。正直。笑

 

4週6休のメリットは?

メリットは一日の労働時間が短くなる、と書かれていることが多いですが・・・

 

書面でみれば労働時間が短いですけどね、私は働いている身としてはあまり労働時間が短くなった気はしません。笑

 

看護師の仕事であるあるですが、前残業しますよね。情報収集なり準備に時間がかかる場合は前残業です(本当は駄目ですよ、しょうがないと割り切っていますが)

 

実際に私の部署も勿論前残業は推奨していません。ただ、普段は30分前、人手がいない休日出勤の場合は1時間前には準備しないと、業務に支障が出ます。

 

そんなことしていると労働時間が短くなっていると言われても実感がわかないです。笑

 

心の中では前残業なんてしたくないですし、休みがもっと欲しいです(わがまま?)

 

4週6休で働く私の現在の生活状況

勤務3ヵ月で適応障害にて部署異動を経験しました。人間関係で悩むのは看護師で勤めて初めてでした。

 

部署異動後は、前部署から離れたこともあり周囲とのコミュニケーションも少しずつ取れるようになり、気持ちの面でも落ち着いてきました。
 

適応障害を診断され部署異動を選んだ看護師の復帰1週間後の気持ち

適応障害を診断された看護師。部署異動後の2ヶ月間の気持ちの振り返り

 

そして現在。今の病院で働いて約半年が過ぎました。

正直なところ4週6休で働くことに辛さを感じてきました。今まで看護師以外の他職種含めて約10年週休2日で働いていた私にとっては過酷です

辛さを感じる一番の理由は体力的なところですかね。私自身体力には自信がありましたが、休みが少ない中で仕事を続ける辛さは中々堪えますね。

 

そして医療職なので人の生死が伴います。周囲もイライラしていますし、働くことによるストレスは溜まる一方です。

 

だけど今は家族の為、生活の為に働くしかない・・・簡単には仕事は辞められないのが現状ですね。

 

一言

再三言っていますが4週6休で働くのは体力的につらいです。これに尽きます

 

あとがき(私の働いている勤務状況)

働いている病棟は30床です。ほぼ全員が意識障害で寝たきりです。内、人工呼吸器は7名です。体交が一番の仕事です、常に褥瘡予防と皮膚トラブル予防に気を配ります。

 

現在は数名が肺炎で治療中です。個人的には治りきるまで抗生剤は継続した方が良いと思うことはありますが、ケア病棟で加算が取れないとのこと。数日で止めて、ぶり返すを繰り返すこともしばしば。何なんだろう。笑

今まで急性期で働いていたので信じられないことが多く、戸惑いは今でもあります。それでいて働く人数が少ないです、正直言って限界病棟です

主任以上は前残業を推奨していません。ただ周囲が前残業していることをわかっていると思います、特に前残業ありきの休日出勤は地獄です。

 

-- 休日出勤の1日(雰囲気こんな感じVer)--

始業開始1時間前から経管栄養30人分の準備を始め、始業直後から体交開始。早いと1時間30分、長くて約2時間かかります。疲労困憊。終わったらすぐに経管栄養開始します。これで午前中終了。これに点滴している方への配慮を加えて仕事しています。

 

そして休日は勤務者5人しかいません。圧倒的に人手が足りません。クタクタになって勤務を終えます。

とにかく体交、サクション、体交、サクション、体交の繰り返し。たまに点滴滴下チェック(あっ、滴下遅い、早い。なんてことは、あるあるです。笑)

-----------------------------------------------

上記で雰囲気を感じ取ってもらえたでしょうか。上記の働き方を友人に伝えると

うわっ・・・ありえない・・・それで休み少ないとか・・・つらいね

が良くある反応です。

 

こんな病棟で働く4週6休ってどうですか?中々きついと思いませんか。

 

以上、4週6休で働く看護師からでした。

 

そして、ここまで読んで頂きありがとうございました。

 

過去記事です。良ければ参照お願いします