ぴのまるさん

循環器看護師の仕事と転職。知識の備忘録

私は適応障害?我慢の限界を超えて仕事途中で帰宅したときの気持ち。転職後3ヵ月経過した看護師

f:id:maru02:20190314010745p:plain

もう辞めたい。と思いつつも仕事には向かう看護師の気持ち。転職後2ヶ月経過した看護師 - ぴのまるさん

上記は前回記事です。とうとう転職後3ヶ月が経過しました。とうとう私自身、おかしくなってきました。

 

明日半日勤務なのですが、有給で休ませてください。体調が優れないので病院に行かせてください

わかりました。大丈夫ですよ。(その後上司が看護部長と連絡)もう今日も帰って良いから、ゆっくり休みなさい

とのやり取り後に仕事途中で帰宅しました。今まで看護師として働いてきましたが、初めてのことです。先日の出来事です。
 

色々とこうなった理由はあると思います。ただ色々とありすぎてまとまらず、自分の気持ちに整理がつかない状況が続いていました。ただ一つ言えることは、どうも私の体調はおかしいです。それは間違いないです。

 

近況報告。私の落ち込みゆく気持ちの流れ。

 

転職後の私の看護師の日常は下記の通りです。

 

私は嫌われている?人間関係に悩む看護師の日々。転職後1ヶ月経過した看護師

 

独りぼっちの病院歓迎会。自分にあった仕事がしたいと願う。転職後2ヶ月経過した看護師

 

もう辞めたい。と思いつつも仕事には向かう看護師の気持ち。転職後2ヶ月経過した看護師

 

環境の変化に戸惑いつつも、どうにか耐えて仕事をしてきました。そして少しずつですが、体調が優れなくなっているのも事実でした。

 

とりあえず仕事に行くことが出来るだけ良かったですが、今日行ったことの振り返りやまとめは出来ませんでした。言い訳のように聞こえると思いますが、やりたいけど出来ないのです。仕事に対する甘えと捉えられてしょうがないのですが、気持ちがついていかないのです。

これ以前に教えたよね?メモ取っているのは良いけど、まとめているの?それならメモを取る必要ないよ

はい、そうですね。すみませんでした

このようなやり取りもありました。やりたくても行えないような精神状態で、だからと言って反論も出来ません。ますます気分は落ち込んできました。

 

この気分の落ち込みは入職して3ヶ月だったので、環境の変化に戸惑っているからとも考えました。転職して今までも最初は覚えることも多く大変でした。

それでもメモを取り、自分なりにまとめて仕事をしていました。それが出来ない、何かおかしい。この辺りから気付くべきでした

 

自分自身が今まで行えた仕事に対する姿勢(メモを取り、まとめて次の日に活かす)が、どうしても出来ない。家に帰ると片付けも出来ず、ただボーっと次の日の不安のみ脳裏に浮かび、何回も寝ては起きてを繰り返す。そして朝を迎え仕事には向かう。

 

そんな生活が続くと次第に仕事に対する活気も失い、同僚や上司からの何気ない一言でも必要以上に怯えるようになってしまいました。何を行うにも不安で怖いのです。仕事上で上司や同僚と話すことが、とても億劫になりました。

 

そして師長と面談となりました。

 

師長の考えと私の気持ち、どうにもまとまらない

 

辛いのです。働くのが。少しずつ処置には慣れてきて出来ることは増えているので自信はついてきたのですが、不安なんです。同僚と話すことも億劫です。一度メンタルクリニックも行ってみようと思います

大分出来るようにはなってきたんだよね、なら大丈夫でしょ。言われ過ぎている場面もあると思うけど、そこはフォローするからね。何かしてほしいことがあったら言ってね

噛み合っているようで、噛み合っていない。笑

 

機能別看護の病院だけど、受け持ち看護師制度を経験しているなら、一度患者さんを受け持って働いてみる?そうしたら少し気分も違うかもしれないでしょ

今まで残業続きの職場にいたんだね。今の環境は良いでしょ、早く帰れるように配慮しているし、現に早く帰れているでしょ?

配慮されていることはわかりましたが、今の私の気持ちとずれている・・・

 

面談が終了しました。

 

師長は私に働いて欲しいのです、それは伝わりました。しかし私の気持ちは働ける精神状態ではなくなってきているのも事実です。

 

面談後の休日にメンタルクリニックに向かう

 

色々と思っていることをメンタルクリニックで話をしました。

現状は就職して3ヶ月経っていないので、環境の変化に慣れていないだけ。それに慣れれば解消されるかもしれない。又は本当に鬱状態になりかけているかもしれない

微妙な時期故に何とも言えない状況とのことでした。不安が強い、眠れていないとのことで精神安定剤を処方されて自宅に帰りました。初めてのときは休日の前日に飲むようにとのこと、飲んでみる。

 

翌日に気持ちの問題なのか少し不安な気持ちが和らいだように思えました。内服して1週間は効く薬なのでそのまま働き出してみました。

 

そして働きだした結果、、、仕事途中で帰宅した

 

月、火曜日どうにか乗り切る。水曜日以降何かがおかしくなる。木曜日限界一歩手前、上司から指導を頂く。金曜日、上司からの指導を受けてとうとう限界を超える。

 

帰らせてください。もう限界です。すみません。

 

師長に伝えて、仕事を途中で切り上げて帰ることになりました。社会人としての人生で初めてです。そのままメンタルクリニックに向かいました。

 

医師に状況を説明すると

このまま仕事を続ける為には環境調整が必要。ただしそれは人によっては嫌がる人もいる。それをまず上司に相談するべき。もし環境調整をする場合は簡単な検査をして、まるさんがどのような人でどのようなことが得意なのかをまとめて、病院に提出します。ひとまずは薬は毎日飲みましょう。

 

環境調整?と思い検索をしてみると、適応障害の治療の際に行われるようです。治療の流れや以前に処方された薬を考えると、診断は受けていませんが私は適応障害の可能性がありそうです。

 

適応障害で検索してみると、今まで自分が思っていたことが大体当てはまるわけです。

もしかしたら自分が適応障害の病気にかかっているんだ、と思うと妙に今の状況に納得がいき、少し気が楽になりました

 

私は適応障害?これからどうしたら良いのだろうか

 

この記事は私の気持ちの備忘録でもあります。今後の為にも私は環境調整をして今の仕事を続けるべきなのでしょうか。すぐには答えは出ませんが、ひとまず病棟師長に相談です。

 

環境を変える意味で転職となれば、田舎の看護師は就職先が限られています。それは以前にも経験済みです。

 

もし辞めるにしても、1ヶ月、3ヶ月で辞めた看護師の印象は悪いでしょうし、次の就職先を見つけることは困難です。だからと言って仕事を続けるのも今の私には酷に感じております。

 

そんなわけで私自身の苦悩は続きます。辛いですけど自分の気持ちの整理として記事を書いています。そうでもしないと気持ちを吐き出す場所がないのです。

 

次回記事です。良ければ参照お願いします