ぴのまるさん

循環器看護師まるのブログ

心電図の電気軸の求め方。右軸偏位?左軸偏位?不定軸(極度軸偏位)?看護師として知りたいポイント

 

検診で左軸偏位って書いてあったのよ

そうなんですかぁ・・・(軸偏位、あんまりわかんないなぁ)

 

循環器看護師として働いてますが、同僚から軸偏位を尋ねられたことはありません。そんなわけで知らなくても看護は出来ます。

 

軸偏位を知るには電気軸の知識が必要です。そもそも電気軸が何なのか理解をしたところで軸偏位と言う言葉が出てきます。

 

そんなわけで最低限知っておくと便利な部分だけの記事です。細かい部分は成書を参照して頂ければ幸いです。

 

右軸偏位?左軸偏位?の心電図を考えるうえでの電気軸と軸偏位

 

電気軸と軸偏位が関わる場面は12誘導心電図の判読です。

 

一般病棟で12誘導心電図の判読が必要な場面は、主に胸痛の訴えがあったときだと思います。

 

胸痛の訴えがあればST変化を気にしがちで、正直な所電気軸や軸偏位を気にする余裕はないです。優先順位が低いのです。笑

 

どちらかと言えば健診の結果で軸偏位の言葉が書いてあり、これ何?と初めて知るぐらいだと思います。そんな電気軸と軸偏位にスポットを当てる記事です。

 

電気的刺激が関わる話なのです・・・

 

心臓に伝わる電気的刺激の話です。この辺りの話とイオンチャネルの話が心電図本の冒頭に載っていることが多いですよね。

 

もう嫌になってきましたね。そうなんです。笑

 

私も細かく説明は出来ません。だけど看護は出来ます。用語の説明を以下で簡単に説明します。

 

電気軸とは?

全体で見た心臓を伝わる電気的刺激の方向。心室を伝わる電気的刺激の方向。

 

軸偏位とは?

その電気的刺激の方向に偏りがあること

(電気軸が正常より左に寄ったり、右に寄ったり)

 

軸偏位から推測出来る疾患を考える(ここが大事)

 

細かい事抜きにして電気軸軸偏位と言葉が出てきたとしたら看護師として知っておくべきなのは・・・

 

軸偏位からの疾患推論です

  

あくまで推論のみなので補助的な役割が強いです。実際の疾患(肥大の診断なり)は他検査で確定診断が行われているはずです。

 

そんなわけで軸偏位だから何の疾患があるかな、と推論出来れば良いと思っています。以下は代表的な疾患のみ記載しております。

 

左軸偏位と書かれていたら?

 

左室肥大・左脚前肢ブロック・AVSD(房室中隔欠損症) など

 

右軸偏位と書かれていたら?

 

右室肥大・左脚後肢ブロック など

 

不定軸(極度軸偏位)

 

心室頻拍

 

電気軸を12誘導心電図から読みとく為には?

 

ここからは実際に臨床での電気軸の求め方です。12誘導心電図から読み解きます。

 

難しい読み方もありますが、簡略方式で説明していきます

 

簡略方式での電気軸の求め方

 

①12誘導心電図で2つの誘導のQRS波を見ます

 

②QRS波が基線に対して上に凸(陽性)なのか下に凸(陰性)なのかを見ます

 

③下記の表に当てはめます。

*文献により2つの誘導の種類が異なります(どちらかで良いと思います)

 

Ⅰ誘導とⅡ誘導パターン

 

Ⅰ誘導 Ⅱ誘導 電気軸
陽性 陽性 正常
陽性 陰性 左軸偏位
陰性 陽性 右軸偏位
陰性 陰性 不定軸(極度の軸偏移)

 

Ⅰ誘導とaVF誘導パターン

 

Ⅰ誘導 aVF誘導 電気軸
陽性 陽性 正常
陽性 陰性 左軸偏位
陰性 陽性 右軸偏位
陰性 陰性 不定軸(極度の軸偏位)

 

まとめ

 

心電図を知るうえで、あまり話題にならない電気軸を記事にしてみました。

 

細かい成り立ちを知ろうとすると挫折してしまうので、軸偏位あるからこんな疾患あるのかな?ぐらいな軽い気持ちで軸偏位を使用出来たら良いと思います。

 

にしても・・・本当に使わないですよね

私も電気軸や軸偏位を知るきっかけになったのは心電図検定受験からです。臨床で必要になったことは今のところないですね。笑

 

この記事が理解の助けに少しでもなれば幸いです。

 

今回の記事の参考文献です

 

病気がみえるvol.2循環器

 

実力心電図―「読める」のその先へ

 

 

おすすめ記事です。良ければ参照お願いします。