ぴのまるさん

はてな循環器看護師まる

NSR or SRの定義を知りたい。心電図の正常洞調律、洞調律、サイナスリズムについて。看護師として知りたいポイント

まる、サイナスの定義って何さ?

えぇーっと・・・P波があって、R-Rが均等で・・・

先輩に問われることありませんでしたか。。。

私はありました。答えられなかった苦い思い出ですね。笑

 

NSR or SR の定義とは?

そんなわけで心電図の基本。

モニター心電図でよく見かけるサイナスさん。

ネット検索結果で波形なり基本的な説明は記載されていますが、

【サイナスリズム(洞調律)の定義】

は少ないと思い記事にしてみました。

【サイナスリズム(洞調律)の定義】

◎病気が見える循環器 参照より

 下記①-③全てを満たすときを洞調律と呼ぶ

 ①P波の次にQRSが続く

 ②QRS波にP波が先行する

 ③Ⅰ、Ⅱ(Ⅲ)誘導でP波が陽性である

◎病態生理できった内科学 / 循環器疾患 参照より

 正常では右房の上方から洞房結節が興奮を発生する。

 故にⅡ、Ⅲ、aVFの下方向の誘導で上に凸のP波が形成される。

 これを洞調律と呼ぶ。

上記の定義を参考にして、

看護師がモニター誘導で

大雑把にサイナスリズム(洞調律)を確認するなら

①Ⅱ誘導でP波が上向き

②P-P(R-R)間隔が整、P-QRSが繋がっている

細かいことを抜きにすればこの2点で大丈夫かと思います。

これで先輩看護師対策ばっちり。笑

 

ここからはもう少し踏み込む洞調律。

【サイナスリズム(洞調律)確認後、HRで分類】

①正常洞調律(normal sinus rhythm)

 HR50-100

②洞性頻脈(sinus tachycardia)

 HR100以上

③洞性徐脈(sinus bradycardia)

 HR50以下

④洞性不整脈(sinus arrhythmia)

 P-P間隔変動が160ms(0.16sec)以上

*徐脈(Brady)の定義は60以下とも書かれている文献あり。

*④についての代表例は呼吸性変動。

まとめ

結構奥深いでしょ、サイナスだけでも

先に言うが、皆ここまで興味ないよ。笑

モニター心電図を見てのサイナス確認での

一番大事な所はP波の有無。P波を探しましょう、これ鉄則。

正常が分かれば不整脈にも気付きやすいと思うので、

参考にしてみてください。

最後ですが、この記事が理解の助けに少しでもなれば幸いです。

  

■まるのおすすめ不整脈教本

 

 

おすすめ記事(良ければ参照お願いします)

音楽のススメ。Amazon Music Unlimitedを試した記事