ぴのまるさん

循環器看護師の仕事と転職。知識の備忘録

心房細動と心房粗動の略語。afとAF / AFとAFL 【小文字・大文字の混在、使い分け編】 看護師として知りたいポイント

 

 

フラッターって書いてあるけどエーエフじゃないの

エーエフです、すみません

看護記録にAFと書くと上記のような出来事がありました。これは小文字・大文字論争の弊害です。笑

 

そんなわけで心房細動と心房粗動の言葉の使い方の記事です。意外と大事なはずですけど、病院ルールによって記載が異なるのも事実です。

 

そして世にはびこるインターネット記事でも、ごちゃごちゃになっていることがしばしばあります。

ある意味日本語表記がわかりやすくて一番良い気がします。笑

 

ではでは、知っていれば意外と便利だと思うので紹介していきます。

 

心房細動と心房粗動の略語。afとAF / AFとAFL の使い分け方? 

 

最初に紹介したのが同僚看護師との会話でした。確かに略語で使用すると、使い分けがややこしいのが心房細動と心房粗動です。

 

細かい意味合いは無視して、心房細動と心房粗動は似ている兄弟みたいなものと表現されることもあります。

 

そんな兄弟みたいな不整脈の言葉の使い方を少し考えてみます

 

心房細動と心房粗動を呼び名で考えてみる

 

呼名

心房細動「エーエフ」「atrial fibrillation」

心房粗動「フラッター」「atrial flutter」

 

明らかに違うので言葉で伝えるなら区別が可能ですね。

 

心房細動と心房粗動を記録方法で考えてみる

 

記録方法

心房細動⇒「af, AF, Afib」

心房粗動⇒「AF , AFL」

 

あれ?AFが被ってませんか?

だけど間違っていないってところがややこしいのです。笑

 

心房細動と心房粗動は記録で書くとAFが被っている・・・

 

被っていながらも使い分けをしないといけません。そんなわけで分けてみます。

 

略語の使い分け 

①心房細動【af】心房粗動AF

②心房細動AF】心房粗動【AFL】

 

今まで経験した病院では上記2パターンで記録が書かれています。

 

どちらかと言えば、最近の主流は②のパターンです。

 

なのに、あえて①のパターンも書きました。これは病院によって記録方法が違うからです。病棟ルールが基本です

 

もしインターネットで心房細動と心房粗動の略語が書かれているときは、日本語表記を確認すると良いと思います。

 

心房細動の略語についてもう少し詳しく

 

これは以前記事にしたものです。

 

そんなわけで略語紹介記事なので、もう少し詳しく説明していきます。心房細動に関してですがマニアックな知識が必要な方向けです。

そこまで必要として仕事している?

いやそこまで・・・だけど知りたいでしょ?

 

心房細動の略語は意外と多いです

 

そんなわけで略語紹介です。

 

医師記録に記載してあるよくわからない単語集

❶自然に治まる。発症後7日以内に洞調律。

 発作性心房細動 【P-af】「paroxysmal af」

❷自然停止なし。発症後7日を超えて持続。薬剤で治まる。

 持続性心房細動 【Paf】「persistent af」

❸自然停止なし。薬剤で治まらない。

 永続性心房細動 【Paf】「permanet af」

❹自然停止無し。薬剤で治まらない。

 慢性心房細動 【 C-af 】 「chronic Af」

 

最近の流れ

上記の❸-❹をまとめて。

❺およそ1年以上持続した心房細動

 長期持続性心房細動  Long-Standing Persistent AF

 

こんなに心房細動だけで言葉があると使い分けるのも難しい気がします。

 

そう思うと医師の方は大変ですよね。そして医師記録を読み解く看護師の気持ちとしては、心房細動の略語を使われると混乱してしまいます。笑

 

まとめ

 

不整脈の王様と呼ばれる絶対不整の心房細動様。病棟での遭遇率も多いですよね。

 

心房細動については看護教本で調べることも、ネットで検索されること多いと思いますので小文字・大文字には気を付けてください。

 

ぜひ略語表記の隣にあるであろう日本語表記を確認するのが一番です

 

最後ですが、この記事が理解の助けに少しでもなれば幸いです。

 

おすすめ記事(良ければ参照お願いします)