看護師の転職活動記

出戻り再就職を目指す看護師。採用試験は不合格でした。転職に向けた看護師の日々①

f:id:maru02:20190309150424p:plain
まる
まる
出戻りたいな。けど採用ってあるのかな
妻
もう少し今のところで働いて実績作ってからじゃないと無理じゃない?
まる
まる
やはりそうなるのかな

今回考えるのは看護師の出戻り再就職について。看護師の転職を検索すると、少なからず看護師の出戻り再就職について触れられています。

 

出戻り再就職について、様々な意見がありますが、私は出戻りしたい派の人間なので支持します。そんなわけで私の体験談を踏まえた出戻り看護師の再就職についての記事です。

下記で触れますが、私は出戻り再就職を希望し不合格でした。

長い記事なので気になるコンテンツだけでも見て頂ければ幸いです。

そもそも看護師の出戻り再就職は可能なのか?

 

出戻り再就職の記事が多くみられるのは一般企業です。病院関係の記事は少ないように思えます。それなら自分が経験談を書いたら少しでも役立つのでは?と考えて記事にしています。

 

話はそれましたが、出戻り再就職に関しては理由によりけりが一番の気がします。

 

出戻り再就職を考える理由 

①妊娠・出産で病院を離れる

⇒子どもが落ち着いた。もう一度働きたい

②家族の事情で引っ越す為、病院を離れる

⇒家族の事情が解消。もう一度働きたい

③家族の介護が必要な為、病院を離れる

⇒介護が不要になった。もう一度働きたい

④給料が少ない。病院を離れる

⇒激務。期待していた給料貰えない。もう一度働きたい

⑤人間関係が悪い。病院を離れる

⇒人間関係が悪い。前の病院の方がマシ。もう一度働きたい

⑥キャリアアップの為に病院を離れる

⇒数年後。自身のスキルアップした状態で、もう一度働いて貢献したい

⑦病院と喧嘩別れ

⇒別な病院で働いてみたら、元の病院が良かった。もう一度働きたい。

他にもあると思いますが、思いつく限りを記載してみました。

 

どうしようもない理由と自分の都合による理由と大きく分けて2種類ですね。

まる
まる
私が思うだけでも、どうしようもない理由(上記①-③)は出戻りのハードルが低くなりそうですよね。他は中々の自己都合です。ちょっと⑥だけは希望がありそうですが

出戻り再就職であっても、採用側の職員状況によると思いますので、どの理由が駄目とかは言えないですよね。

 

では以下から私の経験談です。

 

私(看護師)の出戻り再就職試験に向けて

 

先に言いますが私は不合格でした。

 

*これはあくまで私の場合ですので、参考程度にして頂ければと思います。他のネットの記事では出戻り再就職に成功されている方も勿論います

 

私の簡単な経歴

某心臓血管外科、循環器病院4年勤務。退職。

A総合病院、循環器病棟1年10ヶ月勤務。退職。

B総合病院、循環器兼総合病棟2ヶ月勤務。退職。

某脳神経外科病院6ヶ月勤務中。

 

今の私はA総合病院に出戻りたい希望です。

 

A総合病院を退職した理由

 

今後の家族のことも考えて地元で働きたい。給料も少なからず上がる。循環器看護のやりがいは減るけど、地元B総合病院で家族の為に働こう

 

B総合病院を退職した理由

 

実際問題、やりがいが減りモチベーションが保てなくなる。初めて体調を崩す。家族のためにと転職したのに退職する(一番家族の為になっていない!)

 

現在は某脳神経外科病院に勤めています

 

B総合病院を1ヶ月で退職。A総合病院の臨時職員に応募するも不合格

別な病院を転職サイトを利用せず直接応募し、合格する。

その後に周囲と馴染めず適応障害。部署異動で現在に至る。

 

以前勤めた病院に出戻り再就職がしたい

 

やりがいのあるA総合病院を自ら離れるも、そこからは体調を崩し、メンタル的にも落ち込んでしまいました。これも自分が選んだ人生です。

私は転職したことに後悔がないと言えば嘘になります。あのとき踏みとどまっていれば、と何度も何度も思いました。けど思っても過去には戻れませんし、家族がいるので働かないわけにはいきません。

まる
まる
こうした後悔ばかりでなく、私は自分の為に、そして家族の為にも一歩前に進まないといけないことに気付きました。様々ある就職先の選び方から私は出戻り再就職を希望しました

家族の為に、そして自分のやりがいを取り戻す為です。私は挑戦者側なので採用側がどう思っているかはわかりません。

 

ただ・・・一般的に考えて採用側の病院にとっては、迷惑な看護師ですよね。笑

まる
まる
自己都合で退職しておいて、1年もしないうちに出戻り再就職を希望するんですよ?なんて自分勝手な看護師なんだろうと普通は思いますよね

それでも出戻り再就職を希望するのです。そもそもハードルが高い。笑

 

それでも私は出戻り再就職を希望。結果は不合格

 

1年10ヶ月勤めた病院に出戻り再就職を希望し願書提出。9月初めに試験を迎えました。

 

適性試験(学力・小論文)が1次試験。学力試験は手応えなし!公務員系の問題を少しでも勉強していれば・・・点数で採用されやすくなるのだろうか。それならば凄い後悔です。笑

 

2次試験は集団面接でした。3人で面接です。

 

私は前病院を辞めた理由と、循環器に拘る理由があるならば別に地元の病院でも良いのでは?と個別に質問がありました。

まる
まる
前病院を辞めた理由を正直に言えば、思っていた循環器病棟ではなく医師のやっていることに疑問を持ってしまい、今までやってきた看護とのギャップに耐えきれず、体調を崩したのが理由です

そんなことは言えないので、思っていた看護観と相違していたため、それが受け入れられず体調を崩してしまい退職しましたとしどろもどろで伝える。現在はメンタルクリニックも行き、体調管理は問題ない事は、さりげなく伝えました。

 

そして地元の病院でなく当院を志望する理由は、循環器を深く勉強出来るのはここしかないと伝えました。これもしどろもどろで・・・

まる
まる
本当に面接が苦手です。もう何度目か、っていう面接ですが、こんなにしどろもどろで面接を終えたのは初めてかもしれません。本番に弱いです。泣 

 

で、何が悲しかったって言うと私はしどろもどろで面接を終えてますが、他2人の面接での回答が素晴らしかったのです。

①臨時職員として勤務。既婚。フルタイムで働きたい。

②家族の都合で他都道府県に住む。都合が解消。以前働いていた地元の病院への再就職希望。スキル豊富。

 

1ヶ月後・・・・合否の通知が届きました。

不合格

ショックですけど、結果は妥当だったのでしょうか。そう簡単に出戻り再就職は出来ませんね。

 

私のような転職後の後悔をしないようにするために

 

自分自身が本当に転職した方が良いのか、まず自分に問うこと。家族がいる人ならばその意見をしっかり聞き、方向性を見つけてください。

まる
まる
私は家族の意見も聞いていましたが、より家族に迷惑がかからない為には転職が必要だと押し切った末に、、、逆に家族に迷惑をかけると言う最悪なパターンでした。笑えない・・・

転職する為には病院にまつわる情報も必要です。周囲の友人からの人伝えで聞く情報も大事ですが、他にも転職サイトから情報を入手するのも手です。

 

私は人伝えの情報すらないまま、脳神経外科に興味があると言う理由で直接応募で病院を決めました。

結局、人間関係に悩み適応障害になると言うこれまた最悪なパターンでした。笑

私は適応障害?我慢の限界を超えて仕事途中で帰宅したときの気持ち。転職後3ヵ月経過した看護師

まる
まる
田舎である程に勤める病院も限られてくるので、しっかり情報収集することを勧めます。私のような転職後の後悔をしないために

 

転職を経て今の私が思うこと

 

転職を最後に決めるのは自分です。色々と考えて病院を決めた後に直接応募にするのか、転職サイト経由で応募するのか、それは個人の自由ですので、自身の環境で最善の選択が選べることをお祈りします。

 

転職後に出戻り再就職を考える方は勿論いるかと思います。職場を変えて働いてみて初めて気づくこともあるからです。私もそうでした。それで出戻り再就職を希望しましたが、あえなく撃沈しました。笑

まる
まる
私は経験者なので伝えられます、看護師の転職は本当に大変です。非常に疲れます、それでも自分の環境を変えられるのは自分しかいないです

 

私はこれからまた体調を崩した部署に戻る可能性があります。戻る可能性が少しでもあり、以前の部署で働いていた人と再度働くことは精神的に無理です。

それは甘えかもしれません。乗り越えるべき試練と言う人もいるかもしれませんが、私にとっては病院を離れることが一番の正解だと考えています。

 

私は出戻り再就職を諦めていません。ただ出戻りに固執しているわけでなく、色々と情報収集をしてより良い就職先があれば別な病院を選ぶことも考えています。

まる
まる
今の職場で学べるところはしっかり学んで、今後は今までの知識が活かせる職場を探します。だからこそ今の職場での仕事に妥協はしません。やるからにはきっちりやっていきます。気合いですね。笑

最後になりますが、私の転職経験記事が少しでも皆様の転職活動の参考になればと思います。続く。以上。まる(@maru02ns)でした。

看護師転職サイトの比較。実際に複数登録してみました。転職に向けた看護師の日々⑤ 看護師転職サイトを利用せずに直接応募を試みる。結果は不合格。転職に向けた看護師の日々④ - ぴのまるさん 前回記事です。転...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です