私の転職活動記

第1戦。公立病院に敗戦。循環器病棟で働きたい看護師の転職活動①

もう一度循環器病棟で働きたい。

自分自身の看護師としての夢。循環器のスペシャリストになりたい。

 

この思いは自身の転職失敗により、一度は諦めかけました。しかし転職の失敗を取り戻すのも自分の行動だけです。

これから記事にしていくことは、どんなに困難であっても循環器病棟で働くことを目指す看護師の戦いの記録です。

 

第0戦。再度転職を目指す看護師の経歴

 

もう一度循環器病棟で働きたい看護師です。まずは簡単に私の経歴を紹介します。

 

私は看護師歴6年。転職回数は3回

最初の病院が4年間勤務

2つ目の病院が1年10か月勤務

給与面と地元に就職する為に3つ目の病院に転職。体調不良で1ヶ月で退職

4つ目の病院で上司に精神的に追い詰められる。適応障害を診断

現在は部署移動し、療養病棟に勤めています(6か月目)

 

私の原点は最初の病院で学んだ循環器・心臓血管外科看護です。

現在は療養病棟に勤めていますが、もう一度循環器病棟で働きたい。循環器看護がしたい。この強い思いを叶えてくれる循環器病棟のある病院を探します。

 

すると私は田舎に住む看護師です。周囲に循環器病棟がある病院の数が少ない・・・そして循環器病棟のある病院を辞めてきて、今に至ります。

まる
まる
なので私が循環器病棟で働く為には、高い確率で出戻り再就職が必要です

出戻り再就職を叶える為のハードルは高く、1年10か月と1ヶ月で退職した病院にアプローチをかけていく必要があります。

難しいことですが、どうにか熱意を伝えて再就職を叶えていきたいところです。

 

第1戦。出戻り再就職を目指した病院に挑戦

 

1年10か月で退職した病院に履歴書を出しました。この時点で退職してから半年が経っています。

履歴書は受け付けられ、就職試験を受けることが出来ました。

面接は3名。集団面接で行われました。

面接で聞かれた内容

・私は前病院を辞めた理由

・循環器に拘る理由があるならば別に地元の病院でも良いのでは?

しどろもどろになりながらも返答しました(面接が苦手な為)

私は地元に就職する為に、今回受験する病院を退職した経緯がありました。そんな看護師を採用してくれるのか、それでも採用試験に挑戦するしか方法がありません。

 

敗戦。出戻り再就職の難しさを実感しました

 

1ヶ月後に不採用の通知が届きました。

一度辞めた病院に再度就職することの難しさを実感しました。それでも、もう一度循環器病棟で働く為には、自身で就職試験を受けて行動していくしかありません。

今回の面接でしどろもどろになった自分を振り返り、次回の就職試験に活かしたいと思います。

私の戦いは続く。以上。まる(@maru02ns)でした。

第2戦。大学病院に敗戦。循環器病棟で働きたい看護師の転職活動② 前回記事では見事に出戻り再就職試験に不合格になりました。 https://www.ns-maru02.com/entry/...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です