ぴのまるさん

循環器看護師の仕事と転職。知識の備忘録

NSRとSRの違いは何ですか?心電図の正常洞調律、洞調律、サイナスリズムについて。看護師として知りたいポイント

 

サイナスはSRでしょ?NSRって何?

同じなんです。ややこしく書いてすみません。

よく聞かれるシリーズですかね。自分はNSR一派ですかね。

 

ちなみ職場では  SR or サイナスと電子カルテに記入している人の方が多い印象です。そんなわけで簡単にですが、違いについて記事です。

 

言葉による違いのみの記事なので、本来の洞調律については詳しく触れていません。

 

NSRとSRの違いは何か?洞調律は一緒です

 

あえて違いは何か?と書いておりますがほぼ同一の意味合いです。

 

ここら辺は成書を参考にお願いします。微妙に解釈が違います。

SR : 洞調律

NSR : 正常洞調律

簡単に伝えますと、正常がつくかつかないか、の差です。

 

知っておくと便利かなと思いますが、病院の略語ルールに合わせて記入するのが良いかと考えます。

 

ちなみに当院の電子カルテには、HRの項目にサイナスと書かれた選択肢もあります。

 

なので書き方は違えど、SR、NSR、サイナス、のどれかを記入しておけば間違いないと思います。

 

私は記録上はNSRですが、人に伝えるときはサイナスと言っています

なんでNSRと記入するかと言いますと、以前の病院で色々と教えてくれた医師がNSRと記録に書いていたからです。真似っこですね。笑

 

言葉の使い方。洞性徐脈の場合は SR Brady ? NSR Brady ?

 

NSRとSRの違いを書いているので、少しだけ別な視点から考えてみます。

 

今回は洞性徐脈を考えてみました。先程のNSRとSRのことを考えると、NSR Bradyでも良くない?と考える方もいると思います。

 

ただ、洞性徐脈では正常と言う言葉はついていないことを考慮すると

 

SR Brady : sinus bradycardia = 洞性徐脈

 

徐脈の英語の成り立ちを考えると、SR Bradyが無難と考えます。NSR Brady (正常洞性徐脈)にはならないわけです。

 

ちなみに看護記録として残すなら、HR30-40台SR(or HR30-40台サイナス)と記録しておけば大丈夫なはずです。記録で SR Brady なんて書くのは医師だけでしょう。

 

SR Bradyではなく、あえてHR30-40台SRと看護記録に残すことを考える

 

何故記録するにあたってベースレートを気にするかと言いますと、普段どれくらいの徐脈なのかの程度は記録に残しておかないと、別な看護師が見たときわからないと思うわけです。

例えば20-30台SRが続いていたら、何かしら薬が効き過ぎているのか、そもそも洞性徐脈ではない何かを疑いしますしね。すぐにバイタルと容態を医師に報告して指示を仰ぎましょう。

あまり関係ないですが・・何故なのか頻脈より徐脈の方が見た目のインパクトがあるのか、患者さんのところへ訪室するまでの時間は早いように思えます(当院調べ)

 

徐脈であっても頻脈であってもモニター監視をしている人にとっては嫌ですよね。私は嫌です。笑

 

まとめ 

 

NSRとSRの違いは正常がつくかつかないかの違い。使用方法は病院略語集を参考に記入してください。

 

そして徐脈、頻脈の場合は英語的にも正常はつかないので、NSRでなくSR(サイナス)が無難です。

 

余談ですが実際には循環器以外の部署に移動すると、HR○○台、で記録が終わっていることがしばしばありますが、整脈か不整脈かの区別はつけられるようになりたいところですね。大事だと思います

 

ちなみに今回は違いの記事は言葉の違いについてですが、洞調律の定義についての記事は下記にあります。良ければ参照してみてください。

 

検索でこの記事に辿り着いた方へ。少しでも理解の助けになれば幸いです。

 

おすすめ記事(良ければ参照お願いします)