看護師の転職活動

民間病院の看護師が転職。病院間の情報共有により転職先に個人情報が筒抜けです

f:id:maru02:20190309004030p:plain
まる
まる
看護師国家資格って強いなぁ、と周囲からは言われますけど実際はどうなんだろうか

看護師になって良かったと思うところは、働いている病院を辞めても、他の病院に移ることが出来ること。メリットは大きい気がします。

他の職種であれば一度辞めてしまうと、中々次の職場を探すのにも他業種になることはあると思います。

私は以前に金融機関に勤めていたので、転職に関しての大変さは身に染みてわかります。金融機関を辞めて看護師にならなかったら、今どんな人生を送っていたかわかりません。

今からの記事の内容ですが、看護師は再就職が容易と言われつつも、転職活動には裏事情?とかあるんでしょ、と気になる方向けです。

*噂話程度で参照ください(全ての病院に当てはまるわけでないので)

民間病院の看護師が転職する。転職先病院に情報が筒抜け?

 

これはあくまで民間病院での御話です。他の病院に移動する際に気をつけた方が良いのは、近隣病院で情報が意外と筒抜けであると言うことです。

私が以前に勤めていた民間病院では、激務により離職者数が多いところでした。その反面、魅力はあるようで入職者も多かったです。

そんなときに師長が話していたのは、自身の評判が転職した病院に知られることがあると言う御話です。

まる
まる
聞けば近隣病院はある程度の病院ネットワーク(看護部長しかり)があり、その中で情報が伝わることがあるそうです

当人であれば、普通に考えて嫌ですよね。笑

 

看護師の転職。転職先に個人情報が漏れていた問題について

 

起こり得ることの一つとして、その人の人格が就業前からバレてしまうこと。これは師長からの御話ですが、とある中堅看護師の御話です。

 

中堅看護師は日頃からA病院にて新人看護師に厳しい指導をしていました。正直なところ指導の範疇を超え、まるでストレス発散とばかりに新人に当たっていました。

そのことで新人看護師は疲弊、精神的に病んでしまいます。復帰出来ず退職する新人看護師も何人かいました。

そんな中堅看護師A病院を退職し、B病院に就職することになりました。その後B病院で1年勤務し、再度A病院に出戻りたいと採用面接を受けにきたそうです。

 

結果は不採用でした。

 

A病院での出戻り再就職。出戻りの結果は不採用

 

新人看護師を厳しい指導で退職させていたのは、A病院でもB病院でも一緒だったことです。

それが不採用の理由だそうです。

ここでどうしてA病院の人がB病院でのことを知っていたかと言うことです。

まる
まる
なんとB病院から直接A病院に情報が洩れていたそうです。人伝えで、勿論看護部長による繋がりだそうです。

 

自身の情報が近隣病院に漏れているかもしれないと言う覚悟

 

看護師に限らずですが退職、再就職は時間もかかります。また改めて他の病院で仕事を覚えなければならない大変さがあります。

覚える仕事で一杯一杯なところで「あの人、前の病院であまり仕事が出来ていなかったみたいだよ」とか陰で言われていたら泣けてきます。笑

この事案を聞いて、出戻り再就職には覚悟がいることもわかりましたね。そう簡単に成功することでもなさそうですし(今回の中堅看護師の場合は性格の問題なので尚更ですが)

まる
まる
そう考えると元より出戻りを選ばず、長く働ける職場に出会えることが重要ですね。

 

私が転職先に個人情報が筒抜けだと知ったときの気持ち

 

この御話を看護師1年目に聞いていた私ですが、病院関係の闇を知ってしまったと驚いた記憶があります。笑

時期的に退職者が出てくる時期なので、ふと記事にしてみました。転職の際は皆様も気をつけてください。では良き就職が出来ることをお祈りします。

 

*2019年2月の追記

 

この御話を聞いた後の数年後に私も個人情報が流出しました。この御話に似ていますが、どこの病院に勤めるとしても覚悟はいりますね。

地方病院の看護師が転職を考える。私自身が個人情報の流出を経験した話。 – ぴのまるさん

私も今回記事のような中堅看護師と同様に、評判が周囲に漏れているわけです。こんなことなら転職をしなければ良かったと思っても、それは今思うことであって、たられば話です。

まる
まる
病院就職のミスマッチを防ぐ為にも、病院のホームページでしっかり情報を確認することと、看護師転職サイトで情報を得ることや口コミでも良いのでとにかく病院情報を得てください

失敗しない転職をするために必要なことはとにかく情報収集です。参考までに看護師転職サイトを紹介します。

勿論看護師転職サイトに抵抗がある方もいるかと思いますので、そのときは私の記事を参考にして頂ければ幸いです。

看護師転職サイトの比較。実際に複数登録してみました。転職に向けた看護師の日々⑤ 看護師転職サイトを利用せずに直接応募を試みる。結果は不合格。転職に向けた看護師の日々④ - ぴのまるさん 前回記事です。転...

住んでいる地域で扱う求人も違うので、一つの転職サイトだけでなく複数のサイトにて検討するのも一つの方法です。

まる
まる
と自信持ってこれからは言えます。笑

ナース人材バンク


①東証一部上場の安心企業が運営する「ナース人材バンク」

②年間利用者10万人以上の看護師さんが利用する、国内最大級の転職支援サービスです

③全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいの看護師さんでも転職サポートしてくれます。給料などの条件交渉も、専任のキャリアコンサルタントにお任せ出来ます。

まる
まる
全国に拠点がありつつ、上場企業と言う文面は転職検討の看護師に安心をもたらしますね

看護のお仕事


①全国各地に支店がある『全国対応』のサービスが行え、各地域ごとに専任のコンサルタントがいることで『地域密着型』のご提案が可能

②実際に医療機関に足を運び、電話だけでは得られない職場の状況を踏まえたご提案をしている

③看護師さんの生活に合わせた『24時間電話対応』、累計年間登録数業界最大級の11万人以上

まる
まる
全国に拠点がありつつ、24時間電話対応は強みだと思います。看護師は不規則勤務が常なので

 

マイナビ看護師


①「マイナビ」「マイナビ転職」でおなじみの株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職・就職支援サービス

②全国各都道府県の求人をカバーし、多くの好条件求人を取り扱い、満足度に徹底的にこだわったサービスを展開している

②医師、薬剤師、医療介護スタッフなど様々な転職サービスを展開しているマイナビだからこそ案内できる情報があります。「こんな求人があったのか!」といった求職者様が思いもよらぬ求人情報に出会うチャンスもあります

まる
まる
マイナビと言う知名度は強いですよね。そこだけでも強みです。思いもよらぬ求人と出会えるのかもしれないですね

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です