ぴのまるさん

循環器看護師の仕事と転職。知識の備忘録

【2016年度購入済】循環器看護師おすすめ看護学・医学書まとめ

f:id:maru02:20190313233259p:plain

循環器病棟で働き始めて半年が経過しました。まがいなりに勉強してきましたが、急変なり患者指導なり難しいことばかりです。

循環器病棟は色々な知識が必要であり、知れば知るほど難しさを感じる奥深い分野です。私は好きです。笑

 

そんなわけで看護に関する本の紹介です。私が2016年に購入した本を紹介していきたいと思います。

 

循環器看護師おすすめ看護学・医学書まとめ(2016年度購入編)

 

実臨床にて業務を行っていく中で心が折れてしまうことしばしば。笑

そんな中でも自分自身を少しでも成長させる為には勉強が必要です。そして医療は少しずつ変わっていくので、新しい情報は尚更大切です

自分が忘れない為にも最近勉強して参考になった本を載せていきます。

*ランキング形式ではありません

 

①『ハート先生の心電図教室ー心房細動編』

 

ハート先生の心電図教室―心房細動編

ハート先生の心電図教室―心房細動編

 

 

モニター心電図を着用すれば遭遇する確率が高い心房細動にこだわった本。不整脈の中でも何故心房細動が起こるのかを知りたい人におすすめです。

私は毎年恒例のハート先生の講習も受講済です。何気にハート先生の大ファンなのです

もし機会がありましたらハート先生の講習に受講するのも良いですよ、行っただけでも印象に残り勉強になります。

 

 ②『日経DIクイズー循環器疾患編』

 

日経DIクイズ 循環器疾患篇

日経DIクイズ 循環器疾患篇

 

 

医師から処方された薬の意図、副作用わかりやすく載っています。薬剤師さんが患者さんに説明するQ&A方式で記事になっています。

薬剤師さんがこんなことを説明しているんだなぁ、と患者さん指導の参考になります

知識としても最新の知識が得られる為、おすすめです。逆流性食道炎と心房細動の関係は初耳でした。

 

 ③『ナースのための 直感でとらえる! 循環器疾患の総整理:なっとく! 18ステップ』

 

ナースのための 直感でとらえる! 循環器疾患の総整理: なっとく! 18ステップ

ナースのための 直感でとらえる! 循環器疾患の総整理: なっとく! 18ステップ

 

 

循環器病棟で働いていて良く遭遇する心不全患者。なるほど!と納得する説明が多かった本です。

直感でとらえるとまでは私は出来ませんでしたが。とにかくわかりやすいです

私のような循環器病棟初心者には、おすすめです。カテコラミン系の効果に対する説明は参考になりました。

 

 ④『ナースのちから 第2版 ~心臓外科手術術後管理のために』

 

ナースのちから 第2版 ~心臓外科手術術後管理のために

ナースのちから 第2版 ~心臓外科手術術後管理のために

 

 

主にCABG手術(冠動脈バイパス手術)がメインで、ICU~病棟まで使用出来ます。

心臓外科の看護本は他にも読んだことありますが、CABG(冠動脈バイパス手術)に特化と考えると、ここ最近で一番わかりやすい本です

これを読むと心臓外科病棟に戻りたくなりました。好きなんです心臓外科の看護。

 

まとめ

 

振り返れば色々購入しているなぁ、なんて思いました。これからも勉強に活かせる本をどんどん購入していこうと考えます。

 

あとは本を買うだけで満足せず臨床に活かせる看護師にならねば。笑

ぼちぼちシリーズ化をしていこうと思います。ご参考になれば幸いです

 

おすすめ看護学・医学書の記事です。良ければ参照お願いします