ぴのまるさん

循環器看護師まるのブログ

PVCショートラン?VT?NSVT?SVT?これだから心電図の心室頻拍は難しい。看護師として知りたいポイント

記録にNSVTとか書いてあるけど、なにこれ?

VTの種類です、ややこしくてすみません

?マークの多いタイトルにしてみました。もしタイトルにピンと来た方は循環器系に配属された看護師さんor循環器に携わる人かと考えます。

 

そしてタイトルの言葉ですが、医師記録に平気で書かれていますけど、読み解く看護師の気持ちは配慮されてませんよね。笑

 

そんなわけで、ややこしい心室頻拍の世界を少しだけ説明しようと思います。

 

心室頻拍用語の種類と使用方法を知りたい

心室頻拍の用語を読み解く前に、まずPVC(or VPC)を知ることは重要です。PVC(or VPC)ですが、心室性期外収縮と言う正式な名前があります。

 

心室性期外収縮(PVC)を基準に考えていきます。

 

PVCが2連発続くと、PVCペア。

PVCが3連発~4連発(or 5連発)続くと、PVCショートラン。

PVCが5連発以上続くと、VT(心室頻拍)

PVCが5連発以上、30秒未満で治まるのはNSVT(非持続性心室頻拍)

PVCが5連発以上、30秒以上で治まるのはSVT(持続性心室頻拍)

*上記は文献により差がありますので、自身の信じる本を参考にお願いします。

 

ポイントとして基本はPVCの数です。そして数が多くなると時間が重要視されます。

 

お気付きだと思いますが表現の方法だけでここまで違うのです、心電図が嫌いになる看護師が多いのも普通ですよね。私も最初はそうでした。笑

 

他にですが、記録方法は病院によって様々です。基本は病棟ルールの記載方法に従ってください。

 

この記事を書いた理由。看護師は医師への報告に困っている?

何故にこの記事を書いた方と言いますと、2つ理由があります。

 

一つは医師記録に書かれていることの理解です。何せ医師より看護師の方がモニター心電図は見ていますからね、知らない言葉は少しでもない方が良いと思ったからです。

 

二つ目の理由として心室頻拍の表現が多いので、医師に報告する側の看護師の立場として困った経験があったからです。 

○○さんですがVT○○連発出現してました。バイタルに崩れなく、自覚症状はありませんでした

この表現は医師に報告する際に少なからず聞いたことがあると思います。現にこれでも医師には通じます、ただこれだけの表現だと、本当に短い秒数のVTなのか、長い秒数のVTなのかがわかりません。

 

じゃあどうやって伝えるのか・・・と考えたときに色々な表現の仕方は知っておいて損はないはず。上の表現を少し手直しして、

○○さんですが20秒程度のNSVT出現してました。自覚症状はありません。血圧は110台と保たれていました。薬は○○内服中ですが、VTに対して何か処置はありますか

なんてことまで言えたら、患者さんの状態がもう少ししっかりと医師に伝わるかなと思うわけです。 

 

まとめ

今回は心室頻拍用語の記事です。心室頻拍とは?と言う大事なところには触れていません。そこは別な機会で紹介出来ればと思います。期待していた方はすみません。

 

色々な本を読みつつ今回記事にしてみましたが、私も最初はVTが出現した際は、記録用紙に印字して何個出現しているのかを数えていましたね。その数が例え多くても、せっせと数えていました。

数が多い場合は時間が大事だと昔の自分に言いたいですね。何せ時間が長いってことは心筋梗塞の・・・・(省略)

最後に看護師として医師に報告する場面は多いはずです、こんな記事ですが少しでも参考になれば幸いです。

 

おすすめ記事です(良ければ参照お願いします)