循環器内科病棟勤務

循環器疾患既往を抱えた患者の離床について。循環器内科病棟で働く看護師③

f:id:maru02:20190314115547p:plain

少しずつ見えてきた?とにかくバタバタ働きます。循環器内科病棟で働く看護師② – ぴのまるさん

上記は前回記事です。

今回の循環器内科病棟で働く看護師のキーワードは離床です。とても大切だと思いますが、中々難しいことでもあります。

循環器内科病棟で働くうえでの患者さんの離床の必要性?

 

多少なり急性or慢性心不全が改善する途中で、私達看護師も退院後の生活を考えて離床を考えていくわけです。

私達以上に離床を考えているのは、心臓リハビリテーションが専門の理学療法士さんでしょうか。

 

循環器疾患で手一杯ですが、リハビリテーションは大事です。一定の心不全治療が終わった時点で、寝たきり状態にてリハビリ転院・・・・

このパターン意外とあるのです。

 

もちろん元から寝たきりは除きますし、治療上どうしても安静が必要なこともあります。だからこそ治療しつつ、その人が元の生活に戻れるよう援助せねばならぬのです。

 

理学療法士さんからの温かい御言葉

 

看護師が離床を促していた患者さんについて。

理学療法士
理学療法士
○○さんが看護師見守りで夜に歩いたみたいですねぇ。まだ歩く分には血圧も落ちちゃうし、心配でしたね。眩暈出ますし、転んでしまうのではないかと。にしても、まさか歩かせるなんて思いませんでした

と愚痴なのか、嫌味なのか言われた私です。

 

ここで思ったことは、私達以上に離床に関して厳しい目線で仕事をしている理学療法士さんに対する尊敬です。

確かに安易に離床を促すことはあったと思います。しっかりと循環動態を考えて離床することは難しいんだな、と改めて実感しました。

そして最後に

理学療法士
理学療法士
離床することも大事ですけど、状態を見て進めていかないとですね
まる
まる
あっ・・・はい

と尚、釘を刺される私です。笑

 

まとめ

 

治療と並行した離床は大事です。ただ循環動態の観察と言う点では、他職種の協力が必要不可欠です。

まる
まる
相談しながらこれからも進めていきたいと思います

次回記事です。良ければ参照お願いします。

おすすめ看護師転職サイト

①全国各地に支店がある『全国対応』のサービスが行え、各地域ごとに専任のコンサルタントがいることで『地域密着型』のご提案が可能

②実際に医療機関に足を運び、電話だけでは得られない職場の状況を踏まえたご提案をしている

③看護師さんの生活に合わせた『24時間電話対応』、累計年間登録数業界最大級の11万人以上の実績

当ブログの転職関連記事を読んでいる方へ

希望病院への直接応募を検討しつつも、その病院情報が得られない・転職にかける時間がない場合等は看護師転職サイトに相談するのも手です。

まる
まる
あなたにとって良き転職が出来ることをお祈りします

 

転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です