はてな循環器看護師まる

自身の勉強をこつこつと。

心房細動と心房粗動。afとAF / AFとAFL / 【小文字・大文字の混在】

フラッターって書いてあるけどエーエフじゃないの

エーエフです、すみません

看護記録にAFと書くと上記のような出来事がありました。

これは小文字・大文字論争の弊害です。笑

 

良い機会と思い記事にしてみました。

タイトルに書きましたが、

心房細動と心房粗動は似ている兄弟みたいなものです。

呼名で言うと

心房細動「エーエフ」「atrial fibrillation」

心房粗動「フラッター」「atrial flutter」

区別分けが可能ですね。

記録で言うと

心房細動⇒「af, AF, Afib」

心房粗動⇒「AF , AFL」

あれ?AF被ってませんか?

だけど間違っていないってところがややこしいのです。笑

 

とにかく看護記録で書くと文言【AF】が被っているわけです。

パターン分けしてみます。 

①心房細動【af】心房粗動AF

②心房細動AF】心房粗動【AFL】

経験した病院では上記2パターンで記録が書かれています。

最近の主流は②のパターンです。

あえて①のパターンも書いたのは、これは病院によって記録方法が違うからです。

 

不整脈の王様と呼ばれる絶対不整の心房細動様。

遭遇率も多いですよね。

本で調べることも、

きっと検索されることも多いことかと思いますので、

小文字・大文字に気を付けてください。

 

これは以前記事にしたものです。

そんなことで文言シリーズとして念の為。

Pafと言うものに関してですがマニアックな知識が必要な方へ。

そこまで必要として仕事している?

いやそこまで・・・だけど知りたいでしょ?

興味ねぇ

 医師記録に記載してあるよくわからない単語集。 

❶自然に治まる。発症後7日以内に洞調律。

 発作性心房細動 【P-af】「paroxysmal af」

❷自然停止なし。発症後7日を超えて持続。薬剤で治まる。

 持続性心房細動 【Paf】「persistent af」

❸自然停止なし。薬剤で治まらない。

 永続性心房細動 【Paf】「permanet af」

❹自然停止無し。薬剤で治まらない。

 慢性心房細動 【 C-af 】 「chronic Af」

 

最近の流れ

❸-❹をまとめて。

❺およそ1年以上持続した心房細動

 長期持続性心房細動  Long-Standing Persistent AF

 

はい、心房細動が嫌いになってきましたね。笑

ご参考までに記載しておきます。

 

参考文献 

病気がみえるvol.2循環器

ハート先生の心電図問答100選