ぴのまるさん

はてな循環器看護師まる

循環器病棟で働く看護師⑥心電図を見て循環器の解剖を想像するってどうでしょうか

 

 前回記事です。

冬の兆しが見えてきました。

雪かきなんぞしたくない車通勤です。やはり通勤は歩きたいです。笑

今回は心電図の勉強法について。

 

心電図の勉強はどこから手をつけてくべきか? 

心電図検定受験終了後。

心電図の勉強を少し休憩していましたが再開していこうと思います。

 

そんなわけで心電図ですが、苦手な人が多い分野です。 

一般の人はきっとですが、

心臓の解剖⇒疾患or不整脈

循環器は心臓の解剖がわかることで疾患なり不整脈が

理解しやすいと一般的に言われています。

もしこの勉強方法で合わない方いましたら下記を参考にして頂ければと思います。

 

心電図から心臓の解剖を考える

ちょっと私の思考は違いまして。

不整脈⇒疾患⇒心臓の解剖

の方が理解しやすわけで、周りからは変わり者扱いです。笑

 

なんでこんな勉強方法かと言うと、

私が循環器の中で一番興味を持ったのが心電図だからです。

 

マニアックな範囲にもなりますが、

P波の形で心房負荷があるかもしれないと推測を立てることが出来る。その推測から、もしかしたらこの人は弁膜疾患があるのではないか。。。弁膜疾患でも心房負荷が多くかかるのは。。。

 

と、どんどん妄想していきます。

これが私には一番合っていましたね。笑

 

まとめ

勉強の仕方は人それぞれだと思いますが、

最終的には継続して勉強出来れば良いのかなーと考えております。

 

最近新人さんなりに聞かれた質問を掘り下げて今後の記事にしていくつもりです。

 

おすすめ記事です。良ければ参照お願いします。