はてな循環器看護師まる

自身の勉強をこつこつと。

カテコラミン / 並列交換 【方法】

どうやったら良いですか

こうやってとりあえずやってみよう

【ダブル交換or並列交換】
2台のシリンジポンプを使用しながら、交換することで血中濃度を維持し、

循環動態の変動を抑えながらシリンジを交換する方法のこと。

呼び方様々、病棟ルールもあるので、参考までに。

 

【方法】
今の病棟は2台同量法を行っています。
①新シリンジをシリンジポンプにセットし、早送りでプライミングする
 →シリンジポンプの押し子の遊びをなくす
②患者へ接続しないまま、1ml/h程度で開始し空運転する


③30分経過したら、新シリンジの先端を三方活栓(患者のライン)に接続する
 →何故30分?シリンジポンプの流量安定の為。


④接続した新シリンジを流量1ml/hで開始(大体は1mlスタート)

 5分後に旧シリンジの流量1ml/h(新シリンジ開始量と同じが目安)減量する。


⑤数分毎に血圧をみながら、新シリンジ流量をUP、

 旧シリンジ流量をDOWNさせていく

 (新シリンジと旧シリンジの総和が元の流量になるように)
 例)元々流量が3ml/h投与なら、新1ml/hのとき、旧2ml/hへ。
   新2ml/hのとき、旧1ml/hへ。等。


⑥元の投与量まで到達したら、

 旧シリンジポンプの三方活栓をロックしてから旧シリンジの接続を外す
 (サイフォニング現象を防止するためにロックを先に)
 ダブル交換中は血圧を5分毎にセットするなどして、循環動態の変動に注意。

 

【シリンジ交換時の注意点】

・活動範囲に合わせてラインの長さを考慮。エクステンションは耳元から通し、三方活栓を操作をしないで寝巻きを着脱出来るようにする。


・カテコールアミン製剤と同一ラインに接続されている薬剤はカテコールアミン製剤でなくてもダブル交換する。

 ⇒製剤自体が循環動態を変化させるものでなくても、同一ラインで流れていることで交換時にラインの流量変化を来してしまう為。

 

・シリンジの高さはなるべく接続ラインと合わせ、圧格差から流量変化に注意する。

以上、勤務先某病院のマニュアルを参考にさせて頂きました。

どんな時に交換するかは病院ルールによりけりかと。

勤務先はカテコラミン3γ以上or5γ以上の意見あり、大体先輩に相談してますね。

 

下記は最近勉強の為に購入した本です、興味深く為になります。

【2017.12.19 一部加筆修正】