ぴのまるさん

はてな循環器看護師まる

循環器病棟で働く看護師②少しずつ見えてきた循環器病棟

 

 

前回記事です。

循環器病棟はやりがいがありますが、、、

循環器以外の様々な疾患が複合しており忙しいわりに勉強も必要な嫌われがちな科であります。

 

そんな循環器病棟の実情とは?

あくまで田舎の病院の御話です。

 

病棟の患者内訳は

急性or慢性心不全患者+カテーテル検査入院患者

に大体は分けられます(*職場によって違うかもしれません。あしからず)

 

基本は混んでます。笑

入院患者数の波があるのはカテーテル検査入院と退院が多いからでしょう。

 

ちなみに心不全患者の退院はそこまで早くありません。

治療抵抗性の難治性心不全もあるわけですから、退院までの道のりに幅があります。

 

カテーテル検査入院は数日後に大体の方は退院されます。

退院と聞いて、楽なんじゃないかな?と思う方へ。

入院・退院準備を含めると中々しんどいのです。カテーテル検査、治療後に急変することもしばしばあります。なんてこった。笑

循環器看護師として働いて思うところ

【看護師目線(個人的意見)】

カテーテル検査準備で急かされ  (医師は待てない人が多い)

だからと言って心不全治療中の患者も無視出来ず、

急変も起こり得る状況。

もうこんな病棟で働くなんて嫌だ、ごめんだ!

と心の中で思いながら働く。

 

そんなわけか、循環器内科に勤める看護師さんは気が強い人が多い印象。

私はその中でも気の弱い看護師なので、つらいです。笑

 

まとめ

やりがいはあるけど、やはりしんどいです。笑

今回は循環器病棟の紹介をしてみました。

 

働いてみて今は楽しいですよ。

 

おすすめ記事です。良ければ参照お願いします。